ゲームのネット転売ビジネスの現状

ゲームのネット転売をネットビジネスで副業として行っている方々の現状についてですが、ネット転売自体が違法ではないということが明確になっている現在において、ゲームソフトを買い占めることで転売をしてビジネスとしているという方が増えています。

その上で2021年現在のネット上でのゲームソフトの転売は、パソコンゲームやニンテンドースイッチのソフト群の転売が多いです。何故パソコンソフトの転売が多くなっているのかですが、一つは、古いソフトウェアであっても現行のwindowsで動作可能なソフトウェア群もあり、自粛生活期間も合待った影響下で戦略系のゲームソフトの売り上げが好調であるからです。

パソコンのゲームソフトには多数の趣味レーションソフトが存在しており、レトロなジャンルのソフトウェアでも売買が盛んであるが故、転売がビジネスとして成り立つと考え現在ではパソコンゲームソフトが高騰しています。その為、ネットでパソコンゲームソフトを仕入れ転売することでネットビジネスとしている方が増えているのです。

しかし、問題においてはこのゲームソフト群の高騰が何時まで続くかと言う問題と、商品を確保する店舗群自体が転売ビジセスに参加をし始めているため、個人が新規に参入する場合、何処から商品を仕入れるのかと言う問題が生じています。現在、ゲームソフトを所有している人物は簡単にそのゲームソフトの価値を知ることが出来ます。これは、パソコンのソフトも同様にその価値をネット上で簡単に調べることが出来るのです。

その為、転売で利益を得ようとした場合、商品を販売しているお店もライバルとなり、商品を所有している個人の方もライバルとなりえるというわけです。つまり、ビジネス的には利益を狙えるがライバルがかなり大勢いるため、よほど珍しいソフトを持っていても、ゲームソフトが動作するかどうかの他他のライバルが珍しいソフトの価格を下げ始めると価格を下げざるを得ず、価格競争に巻き込まれてしまうのです。

しかしながら、価格競争に参加することなく商品を売買できるのであれば収益は安定して得ることが出来、商品自体も自分がコレクションしている商品を売買するか、第3者から購入した商品を高値で売買すれば収益に繋がるため、要は価格競争にさえ巻き込まれなければ、自粛期間が継続している間はゲームコンテンツの売り上げは伸びると推測され、同様に転売ビジネスも収益を得られると思われます。